盗聴器発見

料金表 は、下記の専門ページに掲載されてます。

盗聴器はたった一つ仕掛けられただけでそこから盗難やストーカーの被害に発展して人生が大きく狂わせられてしまうことがあります。

盗聴器を仕掛けられる
また、盗聴器を仕掛けた本人以外にも他人が仕掛けた盗聴器から出される電波を受信する 「傍受」と呼ばれる行為で楽しんでいる人間がいるため、自分しか知るはずのない情報が盗聴器を仕掛けた犯人だけでなく、他の人にもプライバシーが盗み聞かれてしまいます。

これらのようなことが起こらないためにも、

・電話の通話中、テレビを見ている時、それ以外の音が聞こえることがある。
・部屋の家具の位置が微妙に違う、見張られている気がする
・イタズラ電話や無言の電話が急増した
・誰にも知られていない秘密を知られていた
・家を空けるときを狙って度々空き巣に入られる

このようなことに心当たりがあるという人は、念のために一度盗聴器発見の調査を依頼されることをお勧めします。


Akaiの盗聴器発見調査では、ハンディタイプで持ち運びが可能な広帯域受信機から、より高性能な
据え置き型広帯域受信機など
、その他の機材も積極的に導入して日々開発されている様々な種類の盗聴器発見に努めています。

それと同時に当社では日頃から、それらの機材を実際に盗聴発見の現場で使用する調査員の訓練・指導にも力を入れております。

それでいて、調査料金は他社様と比べてみても低く設定しております。
当社では調査料金のお値段はそのままに、盗聴器と盗撮カメラどちらの調査もおこないます。
盗聴器を発見した場合に発生する発見報酬、盗聴器を撤去すると発生する撤去費用、調査時間を延長したことで、追加料金は一切発生しませんので、調査料金に加えて後は調査現場(依頼者の家など)までの出張料金を加えれば、調査にかかった経費は必ず内訳を明確にして計上させていただきます。

勿論、経費の内訳は明確にして調査後にお見せ致しますので、用途の不明な経費を請求するといったことは一切ありません。

勿論盗聴器発見調査に関する相談、調査料金の見積りは無料で行っていますので、メール、電話からお問い合わせください。

以前に盗聴発見調査を行ったけれど何も見つからなかった、という方も、見つけきれなかった盗聴器があった可能性や、以前の調査の後で仕掛けられた可能性もあります。

盗聴発見調査はしたけれども一つも無かったから大丈夫、とは安心せずに、定期的に盗聴発見調査をすることをお勧めします。

盗聴器を見つける方法とは

盗聴器を見つける方法は2つあります。
「目視で見つける」「盗聴器発見器を使って見つける」の2つです。

目視で盗聴器を見つける方法は、誰でも試すことができます。
盗聴器が仕掛けられているであろう怪しい場所を注意深く観察することで盗聴器を見つけることができます。

しかし、ほとんどの盗聴器は巧妙に偽装されていて、ひと目では盗聴器と気がつかない物もたくさんあります。

また、盗聴器の中には、家電製品などの精密機器やコンセントの壁の中まで仕掛けられることがあるため、 目視による調査で盗聴器を発見するのは難しいといえます。

一方で盗聴器発見器を使って盗聴器を見つける場合、偽装された盗聴器やコンセントある壁の中に 仕掛けられた盗聴器が発する電波を受信して、盗聴器を見つけることが可能です。

ただし、この盗聴器発見器を使った盗聴器を見つける方法も万能ではありません。

盗聴器の中には、市販されている一般の方が購入可能な盗聴器発見器では電波を受信することができない特殊な盗聴器もいくつかあります。

このような特殊な盗聴器は、一般の方が市販されている盗聴器発見器を購入して使っても盗聴器を見つけることが難しく、 その用意した盗聴器発見器自体が特殊な盗聴器に対応していない場合があります。

しかも、特殊な盗聴器を見つけることができる盗聴器発見器は高額で操作も難しいため、個人で購入できてもコストと使い勝手に問題があります。

そこで、当社では従来の盗聴器から特殊な盗聴器までを発見するための高性能盗聴器発見器を用意しており、 これまで発見が難しかった特殊な盗聴器であるリモコン式盗聴器やスクランブル盗聴器を見つけ出すことが可能です。

特殊な盗聴器を使った盗聴は一般家庭をターゲットに使われるケースも増えています。
これらの特殊な盗聴器を見つけ出すためにも横浜での盗聴器発見は当社の盗聴器発見調査のご利用をご検討ください。